macOS アプリインストールメモ (Catalina, MacPorts環境)

はじめに

OpenModelica の開発版のインストールにともない、macOS の Catalina へのアップグレードと MacPorts の再インストールを行ったのですが、この環境に依存する他のソフトウェアも再インストールしなければなりません。そこで、Python と OpenModelica を除く科学技術系のアプリについてインストールメモを残すことにしました。随時、追記や修正を行います。MacPorts がインストールされた環境とはいっても、ソフトウェアによってはMacPorts を使用しないでインストールした方がよいものもあり適宜判断します。

 

FreeCAD 0.18

MacPorts での状況

2020/01/07 現在では、MacPorts でのインストールは失敗します。MacPorts で

と入力すると、依存する Open CASCADE Ver.7.4 がインストールされますが、これに問題があるようです。以下の様に、 OCE (Open CASCADE Community Edition) を使うオプションでインストールできました。

Open CASCADE Technology 版は、MacPosts で 2019/12/22 に Ver.7.3 から Ver.7.4 にアップデートされています。これより前に MacPorts をインストールしている場合は、

と入力して、もし Ver.7.3 がインストールされている場合、以下の様にして Ver.7.3 をアクティブにしてインストールすることもできます。

インストール後に opencascade のバージョンを戻してもOKです。

だだし、まだPython3とQt5に未対応で、Python27Qt4を使用しています。結局はアンインストールしました。

 

dmg パッケージのインストール

結局、 https://www.freecadweb.org/?lang=ja から FreeCAD_0.18-16146-OSX-x86_64-conda-Qt5-Py3.dmg をダウンロードしてインストールすることにしました。こちらは Python 3.6.7Qt5 を使用します。最初の起動時は、 FreeCAD のアイコンを Ctrl を押しながらクリックして[開く]を選択します。

FreeCAD (Python 3.6.7 を使用している。)

 

ParaView 5.6.2

MacPorts パッケージのインストール

以下の様に入力することにより、インストールオプションを見ることができます。

Python 3.7 サポートを加えました。

 

GNU Octave 5.1.0 4.4.1 u1

MacPorts の状況とアンインストール

Octave が使用する Sundials Ver.2 は、OpenModelica が使用する Sundials 3.1.2 とコンフリクトするので、Sundials を使用しない variant でインストールしました。 いったん MacPorts で

のようにインストールしましたが、

  • ODEソルバーやDAEソルバーなどを調べるため Sundials を使用したい。
  • 依存関係でインストールされる texlive-basic, texlive-latex, texlive-fonrts-recomended などが後述する MacTeX とコンフリクトする。

などの理由により、MacPorts 版をアンインストールしました。

MacTeX とのコンフリクトを避けるため以下のパッケージををアンインストールしました。

 

dmg パッケージのインストール

結局、Octave.app より Octave-4.4.1.dmg をダウンロードしてインストールしました。最新版の5.1.0 Beta も試しましたが GUI が不安定なので止めました。

常微分方程式のテストです。

Octave 常微分方程式の例

ターミナルから使えるようにする

ターミナルで次の様に、/usr/local/bin に実行ファイルのシンボリックリンクを作成しました。

 

Jupyter Notebook から使えるようにする

macOSのPython環境について に書いたように anaconda の環境で Jupyter Notebook が使えます。

anaconda3-2019.10 の環境で次の様に入力しました。

この状態で Jupyter Notebook を起動します。

New のプルダウンメニューに Octave が追加されています。

Jupyter Notebook での Octave

参考 http://homepages.math.uic.edu/~hanson/Octave/OctaveODE-EG.html

 

wxMaxima 18.02.0 (Maxima 5.41 with SBCL)

以下の様にインストールしました。

ターミナルから起動するため、~/.zshrc に以下を追記しました。

 

GNU Emacs 26.3 (emacs-mac-app 7.8.1)

以下の様にインストールしました。

ターミナルから起動するために、~/.zshrc に以下を追記しました。

以下の様に設定しています。 フォント Ricty Diminished を使っています。大した設定は行ってませんが、いろいろなサイトを参照しました。

~/.emacs.d/init.el の内容

 

LibreCAD 2.2.0-20190419

でインストールされる Ver.2.1.3 は Catalina に対応していないので、development 版を Ver.2.2.0-20190419 をインストールしました。

 

MacTex 2019

MacPorts を使用して TeX Live をインストールしたのですが、TeX Live の管理ツールである tlmgr がインストールされないようです。

という理由で TeX Live を止めて、 MacTeX をインストールし直すことにしました。

 

MacPorts の Tex Live のアンインストール

最初、

として、MacPorts の TeX Live をフルインストールしてしまったので、これをアンインストールするためには

だけでは不十分で、

で Library Dependencies を調べて、インストールされる個々のポートと、さらにそれらが依存するポートをアンインストールする必要がありました。つまり、texlive- ではじまる全てのポートのアンインストールです。さらに、MacPorts が使用する /opt/local/bin にあるプログラムと MacTeX が使用する /Library/texmf/bin にあるプログラムでは、/opt/local/bin の方が優先されるため、重複するプログラムはアンインストールする必要があります。MacTeX インストール後に確認し MacPorts の以下のポートをアンインストールしました。

MacTeX のインストール

TeX Wiki の MacTeX のページからミラーサイト https://texwiki.texjp.org/?MacTeX#mirror を調べて、MacTeX-20190508.pkg をダウンロードしました。ダブルクリックしてインストールします。インストール方法の概要は、Tex Wiki MacTeX が参考になります。

Ghostscript は MacPorts でインストールされたものを使うので、[インストールの種類]の画面で、[カスタマイズ]ボタンをクリックし、カスタムインストールの画面で Ghostscript-9.27 のチェックをはずします。インストールしてしまうと、https://blog.ikappio.com/how-to-uninstall-mactex/ に書いてある 「Ghostscript を削除」を参考にして削除作業をしなければなりません。

カスタムインストールの画面で Ghostscript をはずす

パッケージのインストール後、私の環境ではログインしなおさないと、MacTex 関係のパスが有効になりませんでした。ログインし直しなおすと PATH は次の様になりました。

アップデートと用紙サイズをA4にする設定を行います。

 

ヒラギノフォントの埋め込み

TeX Wiki ヒラギノフォントに記載された一連の作業を行ます。

現在の設定を確認するときは、TeX/Install を参考に次の様にします。

 

TeXShop の設定

設定の詳細は、TeX Wiki TeXShop/設定 を参考にしました。

Launchpad の TeXShop のアイコンまたはアプリケーションフォルダの TeX にある TeXShop.app を起動します。メニューの [TeXShop] > [アップデートを確認…]を実行してアップデートします。メニューの[TeXShop]>[環境設定…]を選択し、[書類]タブの[設定プロファイル]を upTeX(ptex2pdf) にするだけで大丈夫でした。[内部設定]タブの Distiller (Ghostscript) の欄は、/opt/local/bin にして MacPorts の Ghostscript を使用するように変更します。

下図のようにテキストを入力し、Command-T を押すとタイプセットされプレビュー画面が起動します。

TeXShop のテキスト入力

プレビュー画面

LaTeXiTの設定

設定の詳細は、Tex Wiki LaTeXiT を参考にしました。

Launchpad の LaTeXiT のアイコンまたはアプリケーションフォルダの TeX にあるLaTeXiT を起動します。

メニューの[LaTeXiT]>[アップデートの確認…]を実行してアップデートします。

メニューの[LaTeXiT]>[環境設定…]を選択します。

  • [一般]タブの[書き出しフォーマット]を[PDF with outlined fonts] にします。
  • [プログラム]-[コマンド]で latex+dvipdf を選択します。
  • Ghostscript (gs) の欄に /opt/local/bin/gs を書き込みます。
  • ps2pdf の欄に /opt/local/bin/ps2pdf を書き込みます。

以上です。

LaTeXiT プログラム設定

下の様に LaTeXiT の入力欄に LaTeX形式で数式を書き込み、[LaTeX it!]ボタンを押します。整形された数式を Keynote などにコピー&ペーストして使います。

LaTeXiT の使用例

 

R 3.6.1

MacPorts で、以下の様にインストールしました。MacPorts に含まれる GUI アプリ R-app はインストールに失敗しました。

 

RStudio 1.2.5033

https://rstudio.com の Products の Studio Desktop より Open Source Edition である Studio-1.2.5033.dmg をダウンロードしてインストールしました。初回、Studio.appを右クリックして開くを選ぶ。MacPorts でインストールした R が認識されてるようです。

RStudio の初期画面

Julia 1.3.0

以下の様にしてインストールしました。

Jupiter Notebook で使えるようにする

ターミナルで julia と入力して起動し、”]”キーを押します。pkg>と表示されたら、add IJulia と入力します

~/Library/Jupyter/kernels/Julia-1.3 に kernel.json が追加されます。

Jupyter Notebook の New メニューに Julia 1.3.0 が追加されています。

Jupiter Notebook の Newメニュー

参考

Julia v1.0.1 のインストールと Jupyter Notebook で使うまで

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です