macOS Catalina に Scilab 6.0.2 をインストールする

はじめに

Scilab は、GPL ライセンスで利用可能なオープンソースソフトウェアで、現在は the Scilab team within ESI Group で主に開発されています。

https://www.scilab.org/download/system-requirements によると、Scilab 6.0.2 が対応する macOS は、Sierra (10.12), HighSierra (10.13), Mojave (10.14) で、まだ Catalina (10.15) は含まれていません。  また Java 8 を必要としています。Oracle JDK は2019年4月19日よりライセンスが変更になりました。私の環境では、MacPorts を使って OpenJDK 11 がインストールされています。

この環境で、Scilab を起動しようとすると、警告画面が古いバージョンのJavaが必要だと言われますが、古いバージョンの Java は Catalina では使えません。Oracle JRE 8 を入れてみても同じです。

いろいろ検索すると、Scilab / Scos – Mailing List Archives の Mottelet 氏の記事に解決方法があり、それに従って起動することが確認できました。記事によると、この方法は Oracle JDK8, Oracle Java JRE 13 など、 複数のJava環境でうまくいくようです。

以下、インストール方法の忘備録です。

 

Scilab 6.0.2 のダウンロードインストール

https://www.scilab.org/download/6.0.2 より、

Silab 6.0.2 – MacOSX 64bit, (sclab-6.0.2-x86_64.dmg -409M) (dmg)

をクリックしてダウンロードしたファイル scilab-6.0.2.dmg をダブルクリックします。

マウスで scilab-6.0.2.app を Aplications にドラッグアンドドロップします。

Finder でアプリケーションのフォルダを開き、 Siclab-6.0.2.app を右クリックし[開く]を選択します。

左下の?マークをクリックして、表示される方法にしたがって、ダウンロードしたアプリケーションの実行許可を行います。具体的には、下のような画面で [このまま開く] をクリックします。(別の環境では、下の様な画面にならないこともありました。コントロールキーを押しながら scilab-6.0.2.app をクリックする方法もあるようです。)

次の画面で [開く] をクリックします。

下のような画面が現れます。

[詳しい情報を…] をクリックすると「ダウンロード – Java for OS X 2017-001」というページが開きますが、この Java SE 6 ランタイムをダウンロードしても Catalina では使えません。上のダイアログを[OK] ボタンで終了します。

 

対処方法

Scilab / Xcos – Mailing Lists Archives の Mottelet 氏の記事、

[Scilab-users] Run Scilab 6.0.2 on OSX Catalina

に解決方法が書かれています。スレッドの上から2番めの記事にある enableJDK.dmg (https:/www.utc.fr/~mottelet/java/enableJDK.dmg)

をダウンロードして右クリックして開きます。現れるフォルダ内の enableJDK.appを右クリックして開くを選択します。

後は画面の指示にしたがってこのスクリプトを実行します。

以上の対処によって、Scilab 6.0.2 が起動できることを確認しました。

以上。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です